CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
6/12 lostage GO TOUR@心斎橋CLUB QUATTRO
090612_1821~010001.jpg
待ちに待った、2年振りの大阪ワンマン
本当はブッチャーズと2マンの予定だったみたいで そっちもそっちでみたかったのは山々なんですが久しぶりのワンマン、とても楽しみにしてました
楽しみにしてたのにライブをみるのは2日振り、おかしいね!

静かな会場にマラカスの音がしゃんしゃんと響いて、1曲目は最早お馴染みのサーカス! お兄ちゃんの 唄おうかライライラーイ! でにこにこ、始まってからわかったんだが自分の位置が岩城氏が綺麗に見えて中野氏のコーラスが綺麗に聴こえる場所で大満足 SFでは更にボリュームが上がってた気が… INSIDE/OUTSIDEは最近やっとしっくりくるようになったような、このツアーで成長した曲のひとつですね
楽しくて大好きな路地裏、今日は拓人氏のどや顔がひどかった! あご突き出してにやにやして、なんやあれ! めちゃんこ腹たったわー
どきどきのSUNDAYも、冒頭で五味兄が若干にやにやしながらも無事に演奏されました 中野氏のコーラスがはっきり綺麗に聴こえて、たまんなかったなー 途中五味兄だまれ! とすら思えてしまいました、すぐ我に返って謝りましたが すみませんでした
こどもたちのコーラスがほんとに大好きで、それを中野氏が目の前で唄ってるという ドリカムです ガン泣きでした

いつだったか、中野氏が「こんな入るとは思わんかったなあ」と一言、すると五味兄が「こいつからは絶対言わへんやろうから言いますけど…バンド十何年やってきて、今日初めてお母さんがライブ見に来てくれたんですよ」
中野「…そんなん、なんか緊張するよなあ(笑)あっち側(客席下手後方)におるんやけど、一回も見てへんもん(笑)」
緊張する、って言ってた中野氏の表情はすごく嬉しそうで、これまでにないくらいのいい笑顔でした
最初は結構ほのぼのした雰囲気でしたが 急に一転、真面目な話に 結成時からクアトロでライブをするのが夢だったそうで、そのクアトロでワンマンライブが出来て嬉しい、本当にありがとう。と言ってました 「lostageの音楽を好きになってくれてありがとう」ってお兄ちゃんの言葉が、すごく心に響きました ありがとうって言わなきゃいけないのはこっちなのになあ
この日のMCは一言一言が丁寧で、こっちに語りかけてくれてる感じで沁みた…
拓人氏が、清水さんが抜けて崖っぷちな時に中野氏が入ってくれて嬉しかったし、救われた。という長い話(覚えてないのがもどかしい)をしたあとに、曲に入る直前 マイクから離れて大声で叫んだ言葉
「俺、幸せやあ!!! すっごく!!」
拓人氏と、それを見るメンバーの笑顔 涙がぼろぼろ溢れてきました わたしも、lostageを好きになれて幸せだし 今日この日のライブをみれて幸せです 本当にありがとう。

この日のSURRENDERと母乳は殺傷力倍増でした 母乳って何回聴いても名曲だよね…! 久しぶりに聴いたから余計!
テンション上がりすぎて下がった体温Aメロのあの部分で手拍子しちゃいました 多分わたしだけだったかな!
あ、Xの冒頭で拓人氏がタンバリン、中野氏がマラカスで参加してて面白かったです 風を抱いているは音源では聴かず嫌いというか あまり思い入れのない曲でしたが、最後の詞と兄の歌と中野氏のコーラスの重なりに感動し涙涙 なんかlostageのツアー行く度に音源で聴けない曲が増えていく気がする!!

ラストの手紙は、言わずもがな最高でした
最近の手紙はいい、と言いましたが この日の手紙は今までみた中で2番目によかった、素晴らしかったです

アンコールではATS&S、かっこいい! 最近SFに場所を奪われかけてたので、名阪聴けて嬉しかったです どうでもいい話ですがATS&Sみたいな変拍子がちがちな曲にのりきれたらめちゃんこ気分いいですよね、達成感というか 優越感というか
TVはあのギターではのりきれない

ラストMINDJIVEでは間奏部分でお兄ちゃんが頑張って柵の上に乗り、マイクごと落ちて客席で大熱唱 後方カウンターの机の上をてこてこと歩き、メンバーと向き合って唄っててそれはそれは面白い光景でした
最後ステージのメンバーが振りかぶってじゃーんと締めたとき、中野氏のギターのストラップが外れて 振りかぶった勢いでギターがそのまま後ろにずりずりずり!! と滑っていったのがたのしかったです

熱も冷めやらぬままダブルアンコール、何故か涙がとまらない
中野氏が一人で登場
「あいつ、おかん来とんのに暴れやがって…(笑)今、裏で怒られてます
いつもこんなんじゃないんですよ、いつもは… でもまあ、(お母さんのいる所をみて)お母さん、これがロックンロールです」
中野家の方はバンド活動のことをあまりよく思っておらず、認めてくれる人がいないそうで その中でもお母さんは唯一応援してくれてるみたいで、すごく嬉しいと言っていました
そのあとにまた「お母さん、これがロックンロールです」
中野は天丼を覚えた!!←
そのあと登場した拓人氏が五味兄弟の母、厚子氏のお話 2人しか兄弟いないのに2人とも変なバンド始めてしまって迷惑かけてて、いざ実家を離れて一人暮らしをする時に厚子氏が「2人はとても大切なことを教えてくれた、ありがとう」とすごくいいこと言ってくれて拓人氏はお母さああん! となったという話で、お兄ちゃんが「俺そんなん言われてへんで」と一言、会場爆笑
「家族を大切にしてください」と言ってました いつからそんなん言うようになったんすか

最後は2:50で締め イントロは非常に上手かってびっくりしましたが、ギターソロ へ へったくそー
これで終わられてたまるかと必死でアンコールしましたが駄目でした… いやでもいいライブでしたよ

この日の感動は、あの日あの時あの場所でライブをみていた人にしかわからんとおもいます 非常に素晴らしいライブでした
お兄ちゃんがしきりに「ありがとう」って言ってくれて、お礼言わなきゃいけないのはこっちなのに 何度も泣きそうになりました
「いい音楽を見分けれる目と耳を蓄えてください」って言ってたけど、lostageを聴いてるわたしの耳は既にいい音楽を聴き分けれてるとおもいます なんで皆lostage聴かんのや! あほか!
大阪でワンマンだったのもあったからでしょうか、2年前のワンマンとはまた違う、非常に和やかで緩やかでアットホームな 温かい雰囲気のライブでした
ファイナルが楽しみすぎてたまらない もうどきどきして今から眠れません! lostageは最高や!


01 サーカス
02 SF
03 RED
04 INSIDE/OUTSIDE
05 路地裏
06 SUNDAY
07 噂
08 DAILY NEWS
09 あめんぼ
10 ドラマ・ロゴス
11 こどもたち
12 SURRENDER
13 母乳
14 X
15 下がった体温
16 ROUTINE
17 風を抱いている
18 点と線
19 手紙

EC.01
01 ATS&S
02 TELEVISION CITY
03 MIND JIVE

EC.02
01 2:50

| ◎LIVE | 22:42 | - | - | pookmark |
2009 6/11 The Mirraz TOUR'09『待たせたな、でもピッコロさんは死んじゃったツアー』@福島2nd LINE
//VOLA&THE ORIENTAL MACHINE
これからも頑張ってください

//STAn
あのSEで、もうテンション上がりまくりです kyg氏はTシャツもツェッペリン! またか!
ここ最近のSTAnは、最強ですね 怖いもんなし。スタライどんすごとはまさにこのこと! もう楽しくて楽しくて、ぴょんぴょん飛んで踊りまくりました ヒールだったけど!
対バンのお客さんの影響もあってか、お客さんの反応がものすごくよかったです みんなそこら中で暴れてて、今までみた中でいちばん反応いいライブだったなー
ULTRAMAGNETICSTANSの最後の最後、STAnマジヤバイ、のとこを「ボラもヤバかったしミイラズもヤバいけど、スタンも、みんな全部マジヤバイ! 」とちょっとぐだぐだ気味でした。挨拶は相変わらず「あざーす!」
俺の右の心臓が始まったとき、嬉しすぎて跳びはねました 手とか挙げちゃったよ! よっきゅんのコーラスが綺麗に聴こえて、いやーもうほんとよっきゅんの歌声大好きです
VS,ES&D'はずっと聴けてなかったので テンション上がった、あのネ申イントロだけで大満足でした kyg氏のアカペラのとこでもうひいひい。
エムちゃんが髪のびて帽子とってどんどんかっこよくなってて焦る、お客さんの煽りも上手くて、加入当初とはえらい違いですね よっきゅんはTHEFIREのドラムがすごすぎて目がハートになりました… なんであんな細っこい身体であんな力強いドラミングができるんや!
新曲は前2月に聴いたのと同じのを2曲、ひとつはよっきゅんエムちゃんがめっちゃコーラスしてるやつでした、ばいばーいとかなんとか もうひとつはメロが素晴らしい名曲でした
ラストが新曲でびっくりしましたが、最後にkyg氏がエムちゃんにギターひっかけてラップしだしで爆笑しました エミネムの影響か!!
「次はTシャツがキュートなミイラズでーす」と言ってkygが退場 面白かったー

01 S.T.A.n
02 Dlphin Dance
03 ULTRAMAGNETICSTANS
04 THE FIRE
05 新曲
06 SAY NO
07 俺の右の心臓
08 Virginia Sky,Endless Stardust&Darlin'
09 毘沙門天
10 新曲

//The Mirraz
この日は転換の度にスクリーンみたいなのがステージ上から降りてきて ステージの様子が見えないようになってたんですが、ミイラズのサウンドチェックが終わる頃畠山氏があの声で「座ってくださーい座ってくださーい。前の方の人、座る勇気のある奴は座ってください。…全然見えねえんだけど。座ってんのちゃんと? 座れよ!!」と既にキレ気味な畠山氏 二回目くらいの「座ってください」で既に全員座ってました(笑)まさかセカンドラインのコンクリの上に座らされるとは…
そして流れ出したのはサトウのごはんをレンジであたためる映像 シュール…と思いきや、開けられた中に入ってたのはドラゴンボール。まさか…! と思っているとあのイントロが流れ、スクリーンには「ドラゴンボールZ」の字が。スラムダンクの次はドラゴンボールですか…!!
内容は、ツアー名にちなんで 全身を緑に塗りピッコロさんの衣装に身を包んだ和田氏が、街や女子高生やサトウのごはんや塁氏扮するピッコロさん2をガードしておっさんに写メール撮られたり王将行ったりして、最後はグレープジュース(血糊代わり)かけられて死んじゃった、みたいな感じでした
映像が進むにつれ、和田氏が振り切れて徐々に気持ちよさそうになってたwwwそして和田氏に比べて塁氏の肌の塗りが雑で、本人も振り切れてなくて終始恥ずかしそうにしてたので余計クオリティ低くみえましたwwwww
鑑賞中は爆笑の嵐、映像が終わると畠山氏が「おら立った立った!! ちゃんと立ってる? 見えねえんだけど!」と僕はスーパーマンのイントロが! 焦って立ち上がりました
スクリーンが上がってびっくりしたのは、メンバー皆スキニーで細すぎっていう… 畠山氏は白地に黒のドットのカットソーに、ゼブラ柄のぴちぴちの白スキニーでした 爆笑

演奏はまあまあ、上手いのか下手なのかよくわかりませんでしたが めちゃんこかっこよかった! 皆結構ノリよくて、わたしも笑いながらぴょんぴょん跳んで暴れまくりました どうでもいいけど畠山氏意外とギター弾いてないのな!
アナーキーサヴァイバーとなんでランウェイ? とチェンジと愛なんか‥が好きだったので全部聴けて嬉しかった! 勇者になりたい‥もやってくれました 愛なんか‥のラララのとこで手叩いてたのしかったなー 和田氏のコーラスだいすき!!
演奏中はたまに畠山氏がうしろ向いて塁氏をガン見して塁氏が照れて笑う、っていう流れが結構あって 塁氏はやはり愛されキャラなんだなあとおもいました
メンバーがずっと髪気にしてたりずっとガム噛んでたりしたのがいらいらした、MCはひたすらぐだぐだで面白くなかったですが はいからさんとの掛け合いが面白かったなあー フルボッコとか言ってたけど、多分フルボッコにされるのは畠山氏のほうだとおもいます
また7月までに来るって言ってたからその時もまた是非みにいきたい、アルバム待ってるよー

01 僕はスーパーマン
02 WAAAAAAAAAAAAAAA!!!!!!!!!!!!!!!!
03 CANのジャケットのモンスターみたいのが現れて世界壊しちゃえばいい
04 アナーキーサヴァイバー
05 なんでランウェイ?
06 シスター
07 ぶっこ
08 チェンジ!チェンジ!チェンジ!チェンジ!チェンジ!
09 勇者になりたいさまようよろいは今日も一人で考える
10 愛なんかよりもっといいもんがありそうな気がした
11 check it out!check it out!check it out!check it out!
12 let's GO!
13 足りないもんなど何もないよ

EC.01
01 ミラーボールが回りだしたら


| ◎LIVE | 22:42 | - | - | pookmark |
6/10 lostage GO TOUR@今池 HUCK FINN
090610_1852~010001.jpg
//セカイイチ
名前はずっと前から知ってましたが、曲はシルクハットとか初期のしか知らず ちゃんとみるのも初めてでした
岩崎くんが昔とちっとも変わってなくて嬉しかったです しかし出て来た時のテンションの高さでもう疲れて、そのあとのMCもすごい盛り上げる、煽る感じで いやあエンターテイナーだなあ… わたしが普段見てるバンドとは全く違うと思いました
曲は結構しっとりしたのも多いかと思いきや結構ノリのいい、ちゃきちゃきした曲が多かって退屈しなかった あとRAINTHATやってくれて嬉しかったなー 懐メロでした
またみたいな、と思ったけど多分二度とみることはないと思います 次元がちがう

//lostage
コンピのツアーでなく、アルバムのツアーとしては初日のシェルター以来 アルバムの曲がどれだけ味が出て来たかたのしみでありました
五味兄がマラカスを振り、サーカス! 聴くのは初日振り、アルバムの中でもかなり大好きな曲です コーラスは聴こえづらかったですが聴けて嬉しかった! SFはベースが入る前の空気でわかるようになりました気持ち悪いですね! 遊び人‥のところでは五味ステップ炸裂で、いやー見逃せないです
続いては路地裏! 前みた時は結構後半でやっていて、今日もそうだと思ってたので焦りましたが やはり楽しい! 大好き! 何回も聴きたくなる、普通のイベントでも定番にして欲しいなー

MCは何だっけかな、対バンのセカイイチについて兄が「セカイイチは結構前に、大阪の…十三FANDANGOってとこがあるんですけど。FANDANGOの年末イベントで一緒にやったっきりで、4年か5年くらい前なんですけどそれ以来で…今日はどうもありがとうございます
僕は岩崎くんみたいにMC上手くないですけど…(笑)まあ、そのうち上手くなっていくと思います」
今日は拓人氏の突っ込みが冴えてた気がするんだけど、何言ってたかほとんど忘れました…

急にきたINSIDE/OUTSIDE!! 不意打ちはまずいです 聴くのは結構ひさしぶりな気がする、間をあけて聴くと本当に名曲だなあと思います いやいつでも名曲ですが
次はこどもたち! こどもたち! やっと聴けた中野氏のコーラス! こどもたち!(すみません)
イントロの図太いギターが聴こえた瞬間嬉しくて嬉しくて、一気に涙が溢れてきました こどもたちのコーラス大好きで、更にそれを中野氏がやっているというこのダブルブッキング たまりません、最前のくせに鼻ずるずるしててすみませんでした

今日の噂は、曲紹介してからだったのでそんなに吐き気はしませんでした あめんぼの見所はやはり中野氏の表情だと思います、本当にしんどそう
X、冒頭で五味兄がマイクに近づいては離れ、を繰り返しなかなか唄い出さす じらしてて いざ唄い出したと思ったら「Xと全体‥」と思いっきり2番の歌詞でした、そのあとどうするのかと思ったらものすごいぼかしながら唄ってて、果たしてガチで間違えたのかそれとも勢いで2番唄ってみたけどそのあとのことを一切考えてなかったのかどっちなんでしょうか サビのシャウトは今日も絶好調でした
この時セットリストが見えて、どうしようどうしようと思ってたら 来ました! SUNDAY!! イントロから岩城氏がにやにやしてて、お兄ちゃんもずっと笑いをこらえながらベース弾いてて 何故か中野氏と拓人氏が前の方にきて横目で五味兄の手元をちらちら見てチェックしてました(笑)よく間違えるんでしょうか…
コーラスはサビだけでしたがまたもあまり聴こえなかった、残念… ライブだと音源より荒っぽいというか、がつんとくる感じがたまらんです

直後五味兄がMC
兄「緊張しすぎると笑いが止まらなくなりますよね…」
客席爆笑。「葬式とか、人が死んでんのに笑い止まらんくなることとかない?」と中野氏に振ると、中野氏が「…ない。」とばっさり さすが!
五味兄、「あの、名古屋で……や、もうええわ(笑)SURRENDERという曲です」となげやりな曲紹介をしてSURRENDERへ 今日は一段と顔がぐしゃぐしゃでした。

静寂の中で鳴らされたベースに驚愕、風を抱いている! ツアーで披露されるのは初めてではないでしょうか、びっくりした じわじわきますね、この曲は
後半のコーラスの中野氏がもう…
感動したあとに点と線のイントロで爆笑しました 今回は間奏では特になにもなかったです
点と線のライブアレンジ、アウトロのとこからDAILYNEWSに繋げれそうだなあと毎回思うんですが… いつかやってくれないかなあ。

アンコールでは久々のATS&S! わー! 脳にはビートの曲が聴きたかったのでめちゃくちゃ嬉しかった! 五味兄もテンション上がったのか、いつも以上にタンバリン振ってました 揺ラシツヅケル‥のとこ。五味ステップも多かったです!
間髪入れずにREDへ行く流れは、いつ以来だろう ひさしぶりすぎて懐メロに聴こえてなんだか面白かったです
2:50、感動したい気は山々なんですが 中野氏のギターの音に伸びがなく、深みが足りないというか 2:50の中野氏パート大好きなので残念です

2:50で終わりの予定でしたが、全く帰ろうとせず 手拍子を続けるお客さんに応えたダブルアンコール、MINDJIVEきた!! 絶対なんか起こる、もうイントロだけで笑ってしまうくせがついてしまいました…
最初らへんは五味ステップは出たものの特になにもなく、やはり間奏でベースをおろしモニターに登り 客席へ落ちていく五味兄 そのまま客席の床に這いつくばって熱唱(笑)拓人氏も岩城氏も爆笑、中野氏もにやにやしてました。
ありがとうございました、と言ってはけていって、最後にひとり残った拓人氏が落ちたマイクを拾い上げ「サンキュサンキュ!」と言ってはけていきました なんでそういいとこどりなのか…(笑)

01 サーカス
02 SF
03 路地裏
04 INSIDE/OUTSIDE
05 こどもたち
06 噂
07 あめんぼ
08 X
09 SUNDAY
10 SURRENDER
11 風を抱いている
12 点と線
13 手紙

EC.01
01 AMPLIFED TEENAGE STRESESS AND STRAINS
02 RED
03 2:50

EC.02
04 MINDJIVE

こどもたちとSUNDAYとATS&Sにもっていかれました
大阪ワンマンは2時間半もやるらしいのでたのしみー!!

| ◎LIVE | 18:19 | - | - | pookmark |
5/28 lostage GO TOUR/KILL YOUR T.V.'09@岡山PEPPER LAND
090528_2217~010001.jpg
//kacica
いやあもう毎度のことながら、圧倒でした 今までも毎回素晴らしい素晴らしいとは言ってきましたが、今回のは本当に素晴らしかった… 曲は4曲と短かったんですが、もうひたすら見入ってしまって、もう1時間くらいみてたような気分になりました
MOSAIC 真っ暗な中に緑と赤と青の点線みたいな光がぱちぱちと飛び交う、サイバーな照明が使われてて、MOSAICの世界観と合わさっていつも以上の迫力でした トリプルドラムはやはり何度みても凄まじい、美里さんが発狂しながら鍵盤を掻き鳴らした時にはもう涙が止まらなかったです…
これからもまた見続けていきたいとおもいます

//lostage
「岡山の皆さん、こんばんは。日本のロックの宝、lostageです」と中野氏がニヤニヤしながら一言、そのままVOODOOバウアー(笑)流石地元ですね!
VOODOOバウアー→SFの流れから、今回はTELEVISIONCITY!! イントロの左側のギターで吹き出しましたが、久しぶりだったので嬉しかったー!
MCで、携帯が壊れ、エフェクターが壊れ、ベースアンプが壊れ、最悪やと思ってたらずっと使ってたベースアンプが半額くらいの値段で見つかって、岡山きてよかったと思いました。っていうのと、中野氏が地元ということで中野氏がMC 岡山来れて嬉しいです、また絶対来ます的なことを言ってました…多分。
噂、この日は何故か神戸よりぐっときました… さよなら‥の部分の中野氏と五味兄の調和がたまらなかったです、目頭にじーんときました 神戸は上手側でみて、今回は下手側でみていたからか コーラスがよく聴こえてよかった、特にペパーランドの音響がいいからかいつもより聴こえやすかったです。
Xはライブの方が好きです、サビのシャウトするところ なあ、あ、あぁ!! みたいなのがたまらん 終わり方もざっと切られるように終わるのが好きです
点と線、神戸の短パン早着替え事件が印象強すぎて、ライブアレンジの間奏では笑いを堪えきれずにやにやしてたんですが 五味兄が中野氏をじっと見つめだし、拓人氏に耳打ちをして ニヤニヤしながら中野氏を指してゆっくり後ろへ下がると、気付いた中野氏がギターを掻き鳴らしながらバスドラの上に飛び乗る! それと入れ替わるように五味兄が元の中野氏の位置へ、アレンジをばしばし加えたギターソロをノリノリで弾く中野氏を見て爆笑する五味兄をみて爆笑するわたし← いやーもうノリノリでめちゃくちゃ楽しかったです、このツアーで点と線の印象ががらっと変わりました(笑)
手紙では、最後のにゃーってジャムるとこで岩城氏が立ってた! かっこよかった! やはり手紙は名曲です!

01 VOO DOO バウアー
02 SF
03 TELEVISION CITY
04 噂
05 あめんぼ
06 X
07 SURRENDER
08 点と線
09 手紙

//MASS OF THE FERMENTING DREGS
なっちゃんがハンディカムを持って登場、客席を撮りながらそれを眺めて笑ってたのがめちゃんこかわいかった… 衣装は吉野さん以外神戸と一緒!
せーのっ! とまた轟音が掻き鳴らされ、She is‥のギターが! あのイントロはやはり反則です、じっと聴いてらんない かくいうものでは最前の子(一部)がわっしょいわっしょいしてたので「お祭りみたいやったね!」と笑うなっちゃん。なっちゃんがね、ずっと前見て唄ってて、位置がステージの結構後ろにいるのもあってか ずっと前らへんにいるお客さん 一人一人の顔を見て、一人一人に笑いかけながら唄ってて それを見る度に胸がきゅーっとなりました。MCの時も、皆に語りかけるように丁寧に話してて、もうこの子たちは何なんだ、なんでそんなに、そうなんだと…
青い、濃い‥はメロディがすごく好きで、後半のおーおおー、のなっちゃんの声が大好きで、ライブで聴いてみたい曲だったので嬉しかったです スカベティーの途中演奏が止まるとこで笑いながら吉野さんに向かって脇をしめて拳をぐっと手前に引く合図をして、ばんっ! と演奏が始まったのが面白かった、もうずっと吉野さんと笑い合って楽しそうにやってるのが見ててこっちも楽しくなってきました。
ワールドイズユアーズは聴いてると胸が苦しくて、泣きそうになります 本当に 感動ていうかなんていうか、なんなんですかね…
ハイライトでチエミさんが前に出てきて、そのまま客席に降りてギターを掻き鳴らす!! それを見てメンバーが笑ってて、客席の最前列に lostageの時モニターを置いてた低い台があったんですが、ベアーズではなっちゃんが前にでてきてその台に乗りベースを掻き鳴らしておりまして、まるでお立ち台のようでした
ライブが終わってから、ずっとアンコールの手拍子が鳴りやまなかったんですが しばらくしてからなっちゃんとチエミさんがハンディカムを持って登場、ライブが出来ないことを説明。DVDに入るかもー、と客席を撮影しながらありがとうございました! とはけていきました
アンコールと中尾さんベースなかったのは残念でしたが、とても満足できる素敵なライブでした! ちゃっかりカスタネットもゲットしたし、また是非ともみにいかせていただきます!
たのしかった!!

01 She is inside,He is outside
02 かくいうもの
03 IF A SURFER
04 青い、濃い、橙色の日
05 delusionalism
06 skabetty
07 ワールドイズユアーズ
08 ハイライト
09 ベアーズ

| ◎LIVE | 23:28 | - | - | pookmark |
5/26 lostage GO TOUR/KILL YOUR T.V.'09@神戸VARIT.
090526_1823~010001.jpg
//YOLZ IN THE SKY
なんだかんだで、3回目くらい? 意外と結構みてるんだなあということにびっくり
あの奇声だけ聴くとへんてこなのに、演奏と合わさると何故あんなにもかっこいいのか… いくらあれだけかっこいい演奏でも、ボーカルが普通だったらそこらへんにいるのと変わらないと思うんだけど、そこが彼らの面白いところだなあとおもいました もっと評価されるべきだと思います
ボーカルの方の動きが非常にすきです!

//lostage
マスドレの本拠地、神戸だからか 今回は2番手。始まる前のセッションがすこぶる好みでした お兄ちゃん今日は短パンじゃないのねー
一発目は8ottoのカヴァー、VOO DOOバウアー! 2月振り! サビのコーラス、ないんですねー 好きなんだけど。カチカチアー!
VOODOO‥からSFの流れ、かっこいい! SFの大サビのところ、中野氏はコーラスするし岩城氏はドラムすごいし、どこを見たらいいのかわかんないです><
ぼけーっとみてたら人間ロボット! うわうわ! 人間ロボットはいつも唐突にくるから気が抜けない… 沁みる。続いてきた噂、これまたいきなり始まるから、毎回眉間にツーン! ときます、皺が寄る。でも音源で聴いたらなんも思わなかったんだけど、あの終わり方はやはりどうかと思う なんかがっかり、ずこーってなる
あめんぼでは、中野氏と五味兄がギターとベースをチェンジ。やっぱりお兄ちゃんのギターの構え面白いなーと思ってたら、中野氏がコーラスつらそうでした 片目瞑って、必死な表情してて気になりました、素敵ですよ 大好きですよ。中野氏のコーラス。いつも危ない感じのがいいよね!
アルバムの曲を聴くのは初日以来だったので、点と線のライブアレンジもお初でしたが かっこいいけど長いなーと思ってたら 五味兄が急にベースを床に置き、ドラムの振動で音を鳴らしているのかと思いきや そのままステージ袖にはける。中野氏がバスドラに乗っかって演奏を続け、何かしら何かしらとわくてかしてたら しばらくしてからお兄ちゃんがそれまで履いていた赤いパンツから赤短パンに衣装チェンジして登場(笑)もう吹き出しました、手叩いて笑いました。だって裸足なんだもの…!
笑いが収まらず、ひいひい笑いながらみてたのでその後の点と線は覚えてません、寧ろ途中で照明に照らされ光る足の毛に気付いてしまい笑いに拍車がかかってしまったくらいです そのつぎSURRENDERだったのに、目の前で披露される拓人氏のライトハンド奏法に目もくれず ただひたすら爆笑しとりました あんなに笑ったん初めてや、めっちゃ面白かったです…
最近の手紙は、いい。本当にいい。何がいいかとかじゃなくて、胸に込み上げてくる、本当に心に突き刺さる感じ 素晴らしいです
今回アウトロがめちゃくちゃ長くて、五味兄もずっとしゃがんでコンパクトに折り畳まれたまま演奏してたんですが、しばらくの轟音のあと、期待してたらMINDJIVEのイントロが! きました、今日は確実に暴れてくれるはず!
まず自分のマイクスタンドを倒し、次に中野氏のマイクスタンドを倒し、また自分のマイクスタンドを倒しと大忙し… ハンドマイクでこちら側に向かってきて、2階(階段の上、カウンターのとこ)で見てる人に向かって、指をさしてずっと語りかけるように唄ってました 何回かシャウトしてたところ、確実に『死ね』と3回か4回くらい言ってました。そのあとマイクをステージと柵の間に投げ捨て、だーっと下手に去っていったとき すごい唾液と汗と酒の残り香が…(笑)
中野氏も柵に乗って非常にハイなMINDJIVE、ごちそうさまでした。楽しかったです…いや面白かったのが合ってるか。短パン無敵!

01 VOO DOO バウアー
02 SF
03 人間ロボット
04 噂
05 あめんぼ
06 点と線
07 SURRENDER
08 手紙
09 MIND JIVE

//MASS OF THE FERMENTING DREGS
なっちゃん出番前とワンピース替えてる…! チエミさんは黒と白のスパンコールがついたボーダー柄のタンクトップ。麗しいです…
せーのっ! と爆音をかき鳴らしてから、1曲目はShe is inside,He is outside!! 初っ端からなっちゃん高音で喉大丈夫かなーとも思いましたが 続けてきたかくいうものはもうかっこよすぎて 祭囃子のようなドラムとギターのカッティングに酔いしれてました この流れは反則だなあ、と思ってたらイーファがきて、大好きなチエミさんとなっちゃんの掛け合いが聴けて大満足です たまらんでした
ここら辺で袖からビデオカメラを回していた中尾さんがステージに登場、一緒にキーボードも登場して コンピの中に収録されている、ないものねだりを披露 すごかった。
中尾さんのどぎついベースにチエミさんの鋭角なギター、なっちゃんの真っ直ぐな歌声と吉野さんの規則的で克明なドラムに鍵盤が加わって、言うまでもなく ただただ圧倒されました。出してる音はちゃんとマスドレなんだけど 何かが違う、正直に言うと、やっぱりなっちゃんと中尾さんのベースは音の厚みが全然違うなあと思いました 同じベースなのに何であんなにも違うのか… いやいや、もちろんなっちゃんのベースも大好きですよ! でも中尾さんのプレイは本当に貫禄があるなあ、と。
ないものねだりが終わり、せっかくなのでもう1曲! と同じ編成のまま このスピードの先へも披露。大好きだったので嬉しかったんですが、キーボードの音が聴こえづらく あまり特別な感じがしなかった… 残念だ…
スーパーベーシスト中尾憲太郎でした! と改めて紹介された中尾さんは、ニヤニヤと客席をビデオカメラを回しながら立ち去っていきました(笑)
マスドレは、なんだろう 最近になってなんですけど みているだけで胸いっぱいになって、泣きそうになります。彼女たちの何を知っているとかでもないのに 一生懸命さがすごく伝わってきて、もう終始涙目でした。パワーをもらえるというか、元気になれる、本当に素晴らしい人たちだと思います。
余談ですが、後ろらへんでずっとメンバーの名前呼んだりおいおいコールしたりヤジをとばすスーツの団体がいて、そのヤジが面白くて面白くて より一層楽しくみることができました。ありがとうございます(笑)誰だったんだあのひとたち…

この日は後ろらへんでみてたので、次の岡山は是非とも最前列でがっつり堪能しようと決めました。やったるで!!

| ◎LIVE | 23:18 | - | - | pookmark |
5/23 『EXXENTRIC GENERATION』@神戸BLUEPORT
090523_1741~010001.jpg
♪"第5回 ダメリーマンはいから企画"『EXXENTRIC GENERATION』-group_inou ESCORT TOUR-@神戸BLUEPORT

//neco眠る
ベースさんがいないまま演奏が始まった、と思ったら走ってステージに! サンバイザーとサングラスと金のゴツいネックレス、はまだわかるんですが ついにパンツ一丁に…!(笑)ギンギラギンのボクサーパンツでした、いつ見てもいい身体してますね←
1曲目でいきなりサングラスが外れ、次にサンバイザー、そして首を振った時にネックレスが外れ どんどんと産まれたままの姿に近づいていってましたが 曲間でまた装着しなおすのが面白かった
右足を前に踏み出し中腰の姿勢で首を上下に激しく振り乱しながら演奏した際また装備していたのが次々と頭から吹っ飛んでいって、それを目の前真正面で目撃したときは爆笑でした ギターさんもそれを見て笑いながら演奏してんのがよかったです
あとやはり下手のシンセの方がすごく好きです マラカス振りながら左手でシーケンサーを操るのが素敵!
今回もかなり右側が盛り上がっておりまして、わたしは左側にいたんですがあまり盛り上がっておらず… 気にせずぴょんぴょん跳んだけどね! 阿波踊りの手振りは出来ずでしたが、念願叶ってnecoさんで踊り狂えたので大満足でした! ワンマン行きます!

//嘘つきバービー
ちょっとしゃがんで、よっこらせと立ち上がるとケツに何か当たったので振り向くと 会場から溢れんばかりの女子、女子、女子 すし詰め状態! 今日のお目当ては嘘つきさんでしたか…
サウンドチェック後悲しめのSEが流れ、明転するとギターさんがひとり すぐにドラムさんが板付き しばらくしてからボーカルが足音をだんだん鳴らして登場 口にプラスチックのスプーンを咥えてました サウンドチェックおらんかったのはそのせいか!
始まる前、しばらくの間 そして何かのタイミングで演奏が始まる 歌い出した時にスプーン落としてました
いやあもう 気持ち悪くてですね、全体が思ってた以上に… どろろどっきんぐしかわからずでしたが、一番盛り上がってましたな 1曲目と2曲目の間にあの声でぼそりと「嘘つきバービー…。」いいですよいいですよー
MCもこれまた不思議
Vo岩下氏が「やあ。」と一言、そして中腰になり 腕を伸ばし、上下にゆっくりと動かし「こういう、動きを…ずっとやってた。…人ー!」。意味がわかりません、客席から挙手が上がると、「…じゃあ、2つめの曲やります!」どの2つめだよ!!!
「おれ、唄う…ちょっと、うたわせて。
最高ー、を、…めざしてー……終わりの、…ない…」と間違えながらたどたどしく唄い始めたのは恐らくPerfumeのDream Fighter、振り付けもちょっと踊ったあとに「…間違えた。」と一言 意味がわかりません
ひたすらボーカルが「ねこ、にゃん」と言い続ける歌が気持ち悪くて可笑しくてめちゃんこ印象に残ってんだが、新曲みたいですね どん! てなるとこがかっこよかった
あの、ギターさん座ってるじゃないですか。でもこのあとくらいに急に立ち上がって弾き出して、ボーカルが椅子の上に立って暴れ出す! ドラムさんはずっと不気味な笑顔のまま叩きつづける… 髪の間からちらちらと見える白い歯が気持ち悪くて気持ち悪くて、このバンド内で一番変態なのは彼だとおもいました
最後の曲の前奏を演奏しながら「おしまい!」と叫び大暴れ、ギターさんの椅子を自分のところに持ってきて、その上に斜めに乗っかり背もたれに足をかけ唄い出しました それが照明で後光射してめっちゃかっこよかった! 即座にマイクスタンド高くしたスタッフさんGJ!
んで後半ギターの音が出なくなって、諦めてギターさんが放置して退場 ボーカルも唄い演奏し終えたと同時にベースをドラムに向かってなげ退場 ドラムさんもやけになって適当に退場 なんやこれ
いやあでも楽しかったですよ ワンマン行きます!

//嘘つきバービー
01 スナック「おおぬか」
02 どろろどっきんぐ
03 絶景かな絶景かな
04 猫子(新曲)
05 海大のばけもん 山のように
06 カサカサ
07 長いものにはこんがらがる
08 アクセル一発ずがいこつ出た

//ワッツーシゾンビ
じゅげむ氏のギター、太陽の塔がペイントしてあって可愛い! いつもジャケとかフライヤーとかのイラストを描いてる人のでしょうか、てかじゅげむ氏が書いてんのかな
ドラムも噂通り タムタムがこっち向いてる…! バスドラの上に刺さるようにセットされてて、でんでん太鼓みたいでした
正味な話、朝早かったのと前日とかの疲れもあって 最初らへん2、3曲寝てました…最前のくせにすみません… でも急に後ろからお兄さんに突き飛ばされて、ぱっちり目が覚めました
じゅげむ氏はやはりええ声 MCもええ声 アンリ氏の声もちょうすき!!
何の曲かわかんないけど 急にドラムさんがバスドラ下ろしてきて、はいからさんも手伝い なんとフロアの真ん中にドラムセットが!! 他メンバーもステージから降りてきて、ステージに誰もいない状態でそのまま演奏が始まりフロアは大盛り上がりでもう大変なことに(笑)
うきゃー! ってなりながらステージに背を向けてぴょんぴょん跳んでたら アンリ氏に手を引かれ、ステージの上に引っ張り出され 最前列にいた女子みんなステージで肩組んでぴょんぴょん跳びまくってました(笑)いやあー楽しかった、かなり異様な光景でした…
曲が終わってからアンリ氏と皆でハイタッチ、意味わからん! 超楽しかった!!

//group_inou
ぐっちゃぐっちゃのステージ、転換が大変そうでした(笑)
imai氏が「このツアーではずっと言ってるんですが…東京からあなたたちを、ESCORTしにきました!」と 始まったESCORT! やはりツアーの最初はこの曲じゃないと!
前回のFANDANGOが特別(?)だったのもあってか、やはり比べてしまうところも多々ありました BPAもSOSもやらなかったし(SOSはimai氏が忘れてただけらしいですが…)
本人らはFANDANGOの盛り上がりが関西では一番すごい、と言ってましたが 対バンの影響もあってか、個人的にFANDANGOより今回のBLUEPORTのほうが盛り上がってたんじゃないかなーとおもいました
特に後半のMAYBE→COMINGOUT→RIPの流れ、MAYBEのイントロが鳴った瞬間に うわー! てなってぴょんぴょん跳びはねたけど、次の瞬間右側からすごい押しが… もうモッシュモッシュ、更に押されまくりでウェーブがひどかったです ここはサマソニかフジロックかというくらいの。わたしは最前でステージに足をかけてたのでなんとか流されずに済みましたが、周りの人達が押されて倒れまくってて そっち助けるのに必死でステージあんまり見てないです… 一回COMINGOUTで落ち着きましたが、ラストのRIPでまた大変なことになってました。なんか最近RIPがMAYBEの位置を奪ってるような気がする!!
アンコールはBOTTLINGでしっとりと、アンコール1曲に慣れすぎて CDでBOTTLING聴くと寂しくなるようになってしまいました…
2週連続のイノウ、濃ゆくて濃ゆくて怒涛の2日間でした とくに今回は本当に濃かった…(笑)

01 ESCORT
02 PR
03 SHIP
04 FALL
05 COIN(はやい奴)
06 KEN SHIT
07 MAYBE
08 COMING OUT
09 RIP

EC.
01 BOTTLING

もう二度とみれないであろうネ申対バン、生きてるうちに肉眼で拝めて非常に光栄であります
主催者のはいからさんに多大なる感謝! ありがとうございました!!!

| ◎LIVE | 23:11 | - | - | pookmark |
5/17 《group_inou "ESCORT" tour》@十三FANDANGO
この日は19時開演だったんですが、仕事が19時までで 終わってから直行したため会場に着いたのが20時過ぎでした ちょうど転換の途中で イノウにはなんとか間に合ったんですが 対バンのLITEは見れずでした、残念…見たかった!
ちょうどスペシャで9mmの野音の映像が流れてたので ぼけーっと眺めてたら始まりました

2人が出てきた途端 すごい歓声! サトウさんちっさ!←
imai氏曰わくファンダンゴは関西地区で最も盛り上がるらしく、もう最初から客席テンション高かったです
imai「どうも、group_inouです。…僕らが今日何しに来たか知ってる? …東京から、皆さんをESCORTしに来ました!」
と始まったのはESCORT! きゃー! と思わず黄色い声をあげてしまいました… いやもう1曲目からかっこよくて鳥肌立ちまくり、やばかったです ESCORT冒頭でcp氏が唄い出すところで既にimai氏の眼鏡がどっか行ってました、外すの早…!
冒頭の流れ(ESCORT→PR→SHIP→SOS→COIN)が素晴らしかった、PRは短いから終わる時に物足りない気持ちになります… cp氏のPRダンスはやはり最高だ!! SHIPでは客席から歓声が起こり、わたしも嬉しくて叫びました 本当に大好きこの曲! 一線越えないでいようヤッホー! の部分で皆が手挙げてて笑った。
ライブで聴きたかったSOS、おぉっとぉ〜! のセリフはなかったですが サビ部分のそーれっそーれっ! がimai氏のPCからちゃんと流れてて面白かったです(笑)18禁も音源通りでした、 あとCOINがアレンジされまくりで超早くて、あれ多分COINだと思うけどどうなんだろう… 自信なくなってきた! でもめちゃんこかっこよかったーもうたまんなかったです首振りまくりました!
cp氏の動きがもう、気持ち悪い! かっこいい! imai氏の笑顔が、気持ち悪い! かっこいい! 足の痙攣を見てわたしも痙攣しそうになりました cp氏がたまににやけながら棒立ちでラップするのが(FALLとかCOMINGOUTとかBOTTLINGとか)ツボだった、好きです
楽しすぎて終始ニヤニヤと笑顔が止まらなかったんですが イノウの2人もずっと笑顔で楽しそうで、つられてまた笑ってしまいました イノウはメンバー自身が楽しんでる感じがじわじわ伝わってくるのがすごく好きです あと何回か目が合って、演奏中指さされたり(したような気が)して 客席をよく見渡して、ちゃんとお客さんの目を見てライブしてるんだなあと感心しました 気のせいかもですが

MCした方がいい? と言って話し始めたのは前日福岡の話
ごはんを食べに行こうとしたら周りにあまりごはん屋さんがなくて、吉野家が近くにあったから妥協して入ろうとしたらその近くにおばさんがやってる変な定食屋さんがあって、入ったら予想以上の美味しさにおばさんは能力者か! と思うくらい感動して、満足して店を出たら もう少し行ったところに王監督行き着けの福岡で有名なおいしいパスタ屋さんがあったことを知り やっぱりそっちがよかった! と先程までべた褒めしていた定食屋を味噌糞にけなしたという(笑)
そのあとimai氏が「あれ、俺の水どこいった?」と探すとすかさず「そこ」と指をさすcp氏 のちに「いたずら好きなんだから!」と濡れ衣をきせられてました、それに対し半笑いでミルクティーを飲むcp氏… あれ絶対喉潤わないと思うんだけどなあ…
あとTシャツ、ナイフフォークTと同じ方がデザインされたそうで、RIPにちなんで唇から舌を出したデザインなんですが その下唇の形がナイキをイメージしてるらしく、あと唇自体がローリングストーンズで ナイキとローリングストーンズのダブルオフィシャルTシャツだと言い張ってました(笑)そのあとにインターネットは怖いから発言に気をつけてねとも言ってましたが

冒頭で言いましたが 関西地区の中でも十三ファンダンゴは一番盛り上がるらしく、そのために今日は特別なセットを組んできました! と。今日は全力でやるけど、次の京都神戸はやる気50%くらいでやります、「あれ?! ズコー! 」みたいな。と言っておられ、客席からは大ブーイングが(笑)

こっから飛ばしていくよ、準備はいいですか? とimai氏が煽って始まったのはBPA!!! うひゃー!! BPAとかやるんですね、また聴けて嬉しかった!
ここからの流れがかなり神懸かっておりまして、次のKENSHITは本当に痺れた… 周りの人と一緒にぴょんぴょん跳んできました かっこよすぎる!
imai氏がMAYBEのイントロを流してすぐ止めて、「こっちにする?」と別のイントロを流し COMING OUT! うわー、MAYBEも捨てがたいですがこれまた名曲きた! ダブルピースの女の子、の部分ではcp氏が親指と小指を立てておられました
その次にきたMAYBE!! 一度お預けをくらってからのご褒美のようなMAYBEは、いつも以上にキラーチューン過ぎてめっちゃテンション上がって皆跳びまくりでした、MAYBE聴くとグラディウスのボーナスステージを思い出します…
ラストのRIPは普通に楽しんでたら 途中cp氏が前に出てきて、手で客席の真ん中から左右に分けるような動作をして「真ん中から裂け目ができるよー」と言うと、お客さんが真ん中から左右に分かれ、そこにcp氏が突っ込んで一気にフロア後方へ! テンションの上がった客席前方はもうモッシュモッシュの嵐(笑)しかしcp氏が前方に戻ってくると、cp氏と一緒に手を挙げて万歳しながらぴょんぴょん跳んでめちゃんこ楽しかったです!
cp氏がステージに戻ると流されて最前どセンターにするりと入り込んでしまってなんだか申し訳ない気持ちに… しかし間近で見るcp氏の動きは面白くてかっこよすぎて最高でした、あんな近くで見れることもなかなかないと思うので、アンコールのBOTTLINGも確と網膜に焼き付けてきました 曲前の「僕らは今日君達と心と心の会話をしにきた!」というimai氏の名言にじーんときました
今日はイノウと心と心で通じ合えた、気がする! 来週の神戸も行きます、楽しみすぎて既に泣きそう!

01 ESCORT
02 PR
03 SHIP
04 SOS
05 COIN
06 FALL
07 B.P.A
08 KENSHIT
09 COMING OUT
10 MAYBE
11 RIP

EC.
01 BOTTLING

| ◎LIVE | 02:19 | - | - | pookmark |
4/21 stiffslack presents "CINEMECHANICA JAPAN TOUR 2009" @心斎橋 鰻谷 sunsui
090421_1831~010001.jpg
開演ギリギリに入ってドリンク交換したら HOSOMEがちょうど始まるとこでした

//HOSOME
この時は平日の18:30頃だったからか、フロアに10名程しか人がおらず… それを見たボーカルの方が「今日は満員やなあ、200人くらいおるわー」「心配せんでも10分くらいで帰るから」と言って演奏を始めました ネガティヴなようなポジティヴなような…
みるのは2回目ですが、聴いたことある! って曲が全然見当たらなかった… 相変わらず女子が小柄で可愛らしくて、ベースの方がぴょんぴょん飛んでて楽しかったです 客席との温度差が激しかった←
本当に15分程で帰っていったんですが、やたら忙しいテンポの早い賑やかな曲が多いからか、めっちゃ短く感じました。もっと長い時間でみてたかったー

//The DARARS
彼らがまたみたくて今日来たようなもんなんですが、今回は前回みた時よりもっと若い感じに聴こえました、やった曲はたいして変わらないと思うんだけど… 歌がちゃんと聴こえたからかな。
淀川の北側、って歌ってるやつと鳥って曲と なんたらスクールガールって曲が好きです、あとGLAYみたいな新曲! あんなに歌ってるのにあんなにライトハンドタッピング入り混じった演奏が出来るのは何なんだ… 若いってすごいですね!
MCは今回かなり普通でした、前回のは一体何やったんやってくらい ちゃんと話せてた びっくりしました
やはりリズムがとりづらく、所々のりきれなくていらっとする箇所もありましたが そこが好きです またみにいきます

//SHIFT
名前だけ聴いてライブ映像みて「あほだ!」と思った以来一切聴かなかったバンド 今回かなり楽しみにしてたんですが、正直よくわかりませんでした かっこよかったんだけど! でもなんかいまいち入り込めなくて、のりきれなくて、山形からわざわざ来てくれたのに ただただ傍観するだけになってしまった もったいないことしました
あ! でもね、リズム隊がめちゃんこかっこよかったんです! それを壁を通じて全身で感じてうっとりしてたら 気付いたら居眠りぶっこいてました ごめんなさい、気持ちよかったんです めちゃくちゃ! 贅沢だわー

//CINEMECHANICA
なんにも知らずにみました ら すごかった
背の高いお兄さんが出て来て、「マイドオオキニ」とか言って 楽器を構えて演奏を始めた瞬間、鳥肌がやばかった
最初は なんだこれ! すげー! としか思えなかったんだけど、演奏が進んでいくにつれ どんどん呑み込まれていって、圧倒されつつ もう体が止まらない じっと聴いてることができなくなってました
事前にCOWPERSくさい的なことを聴いてたんですが、まさにそんな感じで 汗くさい、でも繊細で優しくて、激しくて強烈で。言葉では表せないくらいに かっこよかった! デカいこと言うと 今までみた海外バンドの中でいちばんかっこよかったよ! あんまり見てきてないけど!
最後の一曲、と言うと えー! と客席から声が上がり、急遽2曲に増やしたり アンコールが起きたら「ストップ! エブリバディ ストップザアンコール!!」と言いながら1曲だけやってくれたり、終いには「アイラビューOSAKA!」と言ってくれて嬉しかったー また来日してくれる日を心待ちにしてます!!

前日になんとなくで来ようと決めたんですが、ライブ以外でも適度な身内ノリがゆるーい感じで楽しかったです 本当に行ってよかったー!!

| ◎LIVE | 01:35 | - | - | pookmark |
4/17 The DARARS presents "Every Job is Nice Tour FINAL" @神戸STAR CLUB
090417_1949~010001.jpg
hythmとかいろいろ行ってたら開演時間結構過ぎてました ぶっちゃけnuitoとregaとDARARSが目当てだったので 他の二組は名前しか知らなかったのですが 入った時にはRickettsiaがちょうど終わったところでした… 見たかったのに残念です<br>お客さんは結構いたんですが、前らへんがすかすかだったので スピーカー前の壁側にある椅子と鉄パイプの近くでみてました 灰皿もいっぱいあっていいですねー

//nuito
「こんばんは、京都から来たnuitoといいます ハイスコア目指すんでよろしくお願いします、ありがとうございました」
最近MCがかなりテンション高い気がするんですが、気のせいでしょうか…
今日もめちゃんこかっこよかったー! ねこまじんの初っ端で、もう既にかっこよかったです いつも以上に。やっとこさ覚えてきた曲展開を、この日は結構アレンジしてました ねこまじん10分くらいあったんじゃないかなー 音はずれてるし曲ながいし、唄ったあとのシャウトが 叫びすぎて 楽器の音と混じってノイズみたいに聴こえました。テンションが違う…
いつもヒラヰさんのライトハンドに目がいってしまうので、今日は各パートをじっくりみようと したんですが、人の頭が邪魔でなかなかじっくりみれずでした… フジイヌさんはヒラヰさんに比べて比較的動きが大人しい方で、でも指見てたら素早いしなめらかだし、なんであんな冷静にあんなフレーズが弾けるのかわかりません。AWADAさんはタムタム位置がめちゃんこ高いため(笑)動きや表情は見えませんでしたが、足元見てたら バスドラを叩く回数が凄まじかった。音源で聴いてたらいろいろ入り混じってるから どれがどれだか聴き分けてる暇ないので 今まで気にしたことなかったんですが、あんなに連打してたんですね。ツーバス並でした、ツーバスの役割をひとつのバスドラで果たしてるみたいな、ツーバスよりすごい あとスティック捌きが面白かったです
結構な回数みてますが、その中でもなかなかいいライブでした でもやっぱりこないだの神戸のが緊張感があってよかったかなー
次からサンプラーがはいるみたいで、楽しみです 5/22もいきますよー

//rega
新旧アルバムをタワレコで試聴したのと、前にライブでもらったCD-Rに入ってた1曲を延々と聴いてただけだったのですが いざみてみると印象がまったく違う! 踊るというよりかのる感じのバンドだと思ってたら 周りのお客さんがみんな楽しそうに踊っていて、若干驚きました
淡々と演奏しそうなイメージを持ってたんですが、フロントの3人がこれまた動く動く…(笑)みんなテンション高くて面白かったです、7曲くらいやってくれたんだけど 全部かっこよくて、あっという間に終わってしまいました。最後にやったDressという曲を唯一知ってたんですが めちゃんこ楽しかったー やっぱり知ってる曲と知らない曲だと違いますね、踊り出しそうになった
次ちゃんと音源買って聴き込んでみにいきたい!

//The DARARS
これまたライブでもらったCD-Rに入ってる曲しか知りませんでした。その1曲だけでも曲展開がわけわからんかったのに、今回他の曲もちゃんと聴いてみて もっと訳わからんくなりました。なんでそこからそういうメロディになるんだ! と終始もやもやしながら演奏を見てたら、主にネック部分しか弾いてないし なんのためのピックガードやねんとちょっといらっとしました。MCもわけわからんくて、話の展開がわからんかったです 不思議ちゃん?
あとあと知ったんだけど、メンバーさん平均21歳なんですね…! 正直最初は高校生くらいかと思いましたが… あの若さであんなわけわからん曲を作るのはすごいと思います、やはり他のバンドとくらべて若干曲も若々しかったけど、でもかっこよかった!
4/21のsunsuiいきますよー


全体的にライトハンドとタッピングを用いるバンドさんが多かったんですが、この日はそれが参加条件だったんでしょうか^^
バンドマン目指してる中高生とか絶対見てはいけない人が目白押しなライブでした。楽しかったー

| ◎LIVE | 16:18 | - | - | pookmark |
2009 4/8 lostage GO TOUR@下北沢SHELTER
090408_1714~010001.jpg
//kacica
セットリストは覚えてません><曲は前にみた時と同じで、順番がちょっと違ったかな?
美里さんのボーカルが聴こえづらかったのが非常に残念でした、でも今日もかっこよかった…! ステージを見よう見ようと思っても、知らんうちに下向いてゆらゆら揺れてて はっとして前を向いても、また知らんうちに下向いてて… 音に、呑み込まれる感じ。圧倒されて、感動して、ラストのmosaicではやはり鳥肌がとまりませんでした ギターの方がギターからドラムスティックに持ち換えるところが大好きです
この日はお客さんのノリがいまいちよくなくて、トリプルドラムの一番いいところが短くなってしまって残念でした… でもかっこよかった、音源のも好きですが、少しドラムが足りなく感じてしまうときがあるので ライブで聴く方がぐっときます 今日も美里さんは美しかった…
30分ほどで終わっちゃって物足りなかったです。次はまた長いセットでみたい!

//lostage
メンバーが登場し、五味さんが静かにどんぐりマラカスを振り始める。まさか、と思ったらまさかのサーカス! サーカスでライブが始まるの、ゆっくりと幕開ける感じ 素敵です。五味さんのベースがたまんない、と思ってたら中野氏がサビでコーラス! ひいひい。この日はコーラスいっぱいでした。
次のSFでは、結構前からやってるからか 客席から歓声が。REDばりに定番化してきましたねー 何回聴いてもかっこいい! そこから人間ロボットへの流れはびっくりしましたが、相変わらず眉間につーんとくるイントロでした。
ここでMC、なんかいっぱい喋ってました。
物販の宣伝をすらすらとする拓人さんに、「最近そういう業務連絡が上手くなってきたな」と兄。笑いながら宣伝を続けようとする拓人さんが途中で詰まると、中野氏がすかさず横から宣伝。
拓人「俺が喋ろうとしてんけど! まさか中野が喋るとは思わんかった…(笑)」
わたしもまさか中野氏が自らMCするとは思ってもみなかったです(笑)
中野「物販がTシャツと、タオルと、キーホルダー持ってきてて…あとチケット、クアトロと、清水の…あ、違うわ。えっと…」
拓人「えー、ファイナルの渋谷クアトロと、新代田FEVER、横須賀かぼちゃ屋のチケット持ってきてるんで…」
と、中野氏が詰まるとすかさず横入りする拓人さん(笑)なんかちょっと争ってて面白かったです。
五味さんが「アルバムの中から何曲かやります、」と言って始まった、噂。心の準備が出来ていなかったので 始まった途端吐き気が… 涙が出そうで出ないし、心臓のずっと奥底がもやもやして 気持ち悪くて、呼吸が出来なくて すごく苦しくて、早く帰りたかったです。噂は、わたしの中で大事にしすぎて 存在が大きすぎて ちょっとだめだ… さよなら‥のところでは兄が高いキーを唄い、中野氏が低いキーを唄ってました。反則だと思います。
でも次にすこーんと続けてやったRED→点と線→あめんぼ→Xの流れに、テンションが少しだけ上がりました。勢いだけで続けていく感じ、よかったです。あめんぼでは中野氏と兄がギターとベースを交換、兄がギターボーカルに…! そういえばRECの時にギターとベース逆だったみたいなことを聞いた気が、するけどライブでも交換する意味はあるんでしょうか。兄のギターボーカルに違和感、慣れてない構えが面白かった。
点と線がめっちゃかっこよかったです、この流れで聴くと余計。Xはコーラスなくてちょっと違和感… やはり初日だからか、アルバムの曲は慣れてない感じが目だちました、これからライブを重ねるごとにまた味が出てくるのが楽しみです。

Xが終わったあと、兄が笑いながらかがみ込む。
「本当は、このまま6曲続けてやるつもりだったんですけど…(笑)やっぱり、キツいっすね…」と兄。そのまま休憩も兼ねて、「結構何回も話してるんですけど、初めて見に来るお客さんもいると思うんで…」と、何故自分たちが奈良にこだわるかということについて。東京嫌いとか言ってるけど、別に嫌いなわけではないんです。奈良に生活の基盤が出来ているから… と、他にもいろいろ言ってました。いつものように覚えてません、すみません…
拓人「…なんか、そんなことばっか言ってない?」
兄「(笑)なあ、最近俺宗教みたいになってるなあ…まあ、音楽自体が宗教みたいなもんですけど…」
拓人「あれちゃう、そういうだんだんMCが下手になっていくお前をみんな、愛らしいと思ってんちゃうん?(笑)」
兄「別に、下手にはなっていってない…(笑)あ、母性本能をくすぐるみたいな?(笑)」
客席:(笑)
兄「…まあ、皆さん、音楽を楽しんでください…」
拓人「お前に言われんでもみんな楽しんでるやろ! お前が楽しめや(笑)」
兄「いや、俺は、もう楽しんでる…(笑)
じゃあ、一番楽しい曲やろか! 一番楽しい曲やります」

そして始まったのは路地裏!! テンポが早い早い…(笑)演奏しながら五味さんがニコニコ笑っていて、他のメンバーも楽しそうに演奏してて こっちまで嬉しくなりました。めちゃんこ楽しかった!!
今日のMINDJIVEはかっこよかったです、五味さんが暴れていたわけではないですが ひしひしと伝わってくる何かがあった。中野氏がめっちゃめちゃかっこよかったです、キレてて。テンションが上がったのか、五味さんのペットボトルをすこーん! と蹴ったのが面白かった!!(笑)
そこから少し間を置いての手紙は、何回も言ってますが 何回みても何回聴いても名曲です。

アンコールは結構すぐ出てきました。
兄「ツアー中、東京は3回くらいやるんで…今日聴けなかった曲は、また、聴きにきてください。
あと、2曲だけやりたいと思います…アルバムから1曲と、久しぶりにやる曲…もう、いつ振り? 1年と、1年以上振りにやるなあ。今日はどうもありがとうございました」
と言って始めようとしたときに、また兄が一言
兄「あ、拓人が、猫飼ってるんですけど…その猫が逃げて、逃げたんやっけ?」
拓人「や、もう…帰ってきた。今その話せんでもいいやん(笑)」
兄「いや、ちゃんと関係あるから…
今からやる曲は、その拓人が飼ってる猫が逃げて、帰ってきた歌です」
拓人「違うし(笑)」
始まったのはCATWALK(笑)アルバムの中でもかなり好きな歌だったので嬉しかったです。さっきから何回も何回もかっこよかったとか言ってますが、CATWALKがこの日一番かっこよかったです 痺れました! 報われない、救いようのない感じの歌詞が大好きです
ラストは2:50! いつ以来だろう、SHOWNENかなあー 聴けて嬉しかったですが、やっぱりいろいろと思い返すものがありまして 真剣に聴けないです。あと左から聴こえるギターにちょっと違和感が… すみません

最初は緊張と期待が最高潮で、聴きながら吐き気と嗚咽と呼吸困難で大変でしたが 途中から慣れてきて、ライブを楽しむというか ただ見ているだけみたいな感じになってしまって、後半はずっと棒立ちでした。ライブ自体はすごくよかったんだけど、楽しめなかった。周りを気にしすぎて、期待をしすぎた自分が悪いんですけど… 本当に悔しいです。

19日にリベンジします。

01 サーカス
02 SF
03 人間ロボット
---MC
04 噂
05 RED
06 点と線
07 あめんぼ
08 X
---MC
09 路地裏
10 SURRENDER
11 MINDJIVE
12 手紙

EC.
---MC
01 CATWALK
02 2:50

| ◎LIVE | 18:36 | - | - | pookmark |
<< | 2/13PAGES | >>