CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 8/5 Di to lo ur@Shibuya O-nest | main | 9/2 【Kill your T.V.09 NOW!】@渋谷WESTビル全体 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
8/22 8otto presents【080808+1】TRIPLE EIGHT+1@深江ZINK
090822_1956~010001.jpg
仕事帰りに行って、翌日も朝からだったため 途中参加、途中退場。後悔はしていないです

//モーモールルギャバン
入ったら3、4曲目くらいでした ZINKひろいしでかいし音きれー!
入って後ろらへんから見てたら「WE WELL WE WELL ユキちゃん」コール後、大好きなユキちゃんが始まって感激! ライブで聴きたかったので 始まった途端きゃーきゃー言ってしまいました 振り付け踊りそうになったよ、いや嬉しかった
中盤の野口、久津川で爆死とpop!ウーロンハイはたのしかったー 途中で演奏止まって変成器で野口氏の悪口を言い出したときには爆笑しました どこまで本当なのやら
ラストのサイケな恋人では皆でパンティーパンティー叫びまくりで、かなりカオスでした 最初は後ろらへんにいたけど、我慢出来ずに前方へ突っ込みわたしもパンティーパンティー叫んできました 面白かった!
ヤジマッツが終始気持ち悪くてたまらなかったんですが、一番最後にパンツ一丁になって帰っていった時は非常に勇ましくかっこよかったです!
また是非みたいなあ、美沙子はライブであんまりやらなくて悲しいです

//lostage
兄の足元にブログで言っていたビブラスラップが… 置いてあるだけで使わなかったけど、ライブ前に楽屋から「カアァーッ!」と音が2回ほど聞こえてきてびっくりした
今回は下手側のスピーカー前でみてたんですが、いつもは中野氏のギターしか聴こえないのに ベースがめちゃくちゃはっきり聴こえてきてちょっと違和感が… あんなベース弾いてんのかーと思いました
Xで、岩城氏激しいなあとか中野氏のギターソロはやっぱり生のがしびれるなあとか思ってたら、上手側のお客さんが円になってざわざわしているのを発見 何かなあと思いつつステージを見たら、お兄ちゃん不在。
あれ、なんで? 誰か詳しい状況を説明して! と思っていたらベースレスのお兄ちゃんが上手後方から走ってきて、ぴょーんっとステージへ舞い降りてきてスタンドマイクを持ちぴょんぴょん跳ねながら熱唱 わたしからするといきなり居なくなっていきなり出てきたから何がなんだか全く理解できずしばらく呆然としておりました いつの間にフロアに降りたのでしょうか…
「ありがとう」とお礼を言ってしばらくの間のあと、中野氏が小声で「…誰か、ベース持ってきて!」と客席を向いて一言 ベースを返してもらいながら「こんなん言わんでも勝手に戻ってくるぐらいになりたいなあ」と五味兄 今回はたまたまなだけで、いつも皆さん協力してくれてると思いますよ…
「あとでまたそっち行くんで、ベース弾く準備しといてください」とも言ってました まさかの予告!
ちょっとやってみます、と言って 新曲。多分BKTSツアーでのやつでしょうか、セットリストには「じゃあ、さようなら」と書いてあったらしい
最初に兄がちょっとだけピアニカを吹いてました 肝心な曲はですね、非常に説明しづらいんですが… 本人がブログで「lostageらしくない」とも言ってましたが、まさにそんな感じ 拓人氏のギターが印象的で 結構しっとりした懐メロみたいな 中野氏のギターソロがめたんこ渋くてですね、かっこよろしかったです なんとなく砂漠を思い出しました
お兄ちゃんがあとから「夏やからレゲエを意識しました」と言ったのを聴いてちょっと納得 また新しい彼らの一面をみたような、まあ、そんな風な曲でした 聴いたらわかるよ かっこいいから
MINDJIVEで予告通りまた五味兄が上手後方へ ここ最近の間奏のアレンジあるじゃないですか。あれいいなあと改めて思いました オカズ的な役割を果たしていて、非常にしびれる
兄がフロアで暴れ、中野氏がバスドラに乗り、のちに大転倒 拓人氏はかがみ込みながら静かにギターを弾く 今日は皆全体的に演奏にキレがないなあと思ってたんですが、MINDJIVEは皆なかなか楽しそうでよかった
後半は五味兄もハンドマイクでよろよろと唄いながらマイクスタンドをなぎ倒し大暴れ、拓人氏もよろよろとギターを弾き 中野氏はふらふらになりながらステージ上を動き回り、ついにステージから落下、転倒 すぐに上って平静を装ったものの 兄とぶつかりまくりでした なんか前の3人がやたら動いてたなあ、ステージが広いからでしょうか 最後の兄のマイク二刀流がかっこよかったです
今日は岩城氏がテンション低かったように見えました Xでは結構キレてましたが、他は全然演奏にキレがなかったです ちょっと残念だったなー
セットは長かったですが、ちょっとだけ物足りないライブでした

01 DAILY NEWS
02 RED
03 X
04 INSIDE/OUTSIDE
05 SF
06 TELEVISION CITY
07 じゃあ、さようなら(新曲)
08 SURRENDER
09 手紙
10 MINDJIVE

| ◎LIVE | 03:12 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:12 | - | - | pookmark |