CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 2009 6/26 lostage GO TOUR@渋谷CLUB QUATTRO | main | 2009 7/12 @心斎橋 火影 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
7/9 NANO-MUGEN FES.2009前夜祭@なんばHatch
090709_1728~010001.jpg
//lostage
最近lostageの見方が変わってきて、それに気付いたのも最近なんですけど 6/26のファイナルをみて、確信しました
それ以降初めてのライブ! しかもなんばHatch! 始まる前から緊張しすぎて胃がぞわぞわして気持ち悪かったです…
開演時間から10分程押した頃に客入れの音が小さくなり、客電が落ち 客席からは大きな歓声と拍手。さすがHatch、声が響きます!
SPEEDKINGのあのSEが鳴り、メンバーが登場 お兄ちゃん、新しいTシャツ!
最近拓人氏が手を挙げて自分で拍手しながら出てくるの、好きです(笑)
わたしはこの日PA横の段差上前方で見てたんですが、ステージも見えやすく かなりいい場所でした
五味兄が手を挙げるとSEがフェードアウト、カウントと共に始まったのはSF!
いつも下手側でみてるので ギターが片方しか聴こえない! なんてことがよくあるんですが、なんばHatchだからか 後方だからか 両方なのかわかりませんが 全体が一音一音しっかり、耳鳴りしない程度の程よい爆音で聴こえて さらに唄い出した瞬間に爆笑、ボーカルも綺麗に聴こえる!! 歌詞がしっかり聴きとれる程ボーカルがでかかった…
これならコーラスもすごいんでは、と期待してたら こどもたちのイントロが!
もうね、感無量でした。こんな大きい会場で、たくさんのお客さんに見守られ、広いステージの上で立派な照明に照らされ、綺麗な音で演奏された こどもたち もう目頭がじわじわとあつくなって、ため息がでました 素晴らしい、とことん完璧だなこの曲

「はじめましての方が多いと思いますけど…奈良から来たlostageと言います、よろしくお願いします。」

しゃんしゃんとシンバルが鳴り、噂。ここで、今日は聴かせる系のセットリストでアジカンのファンを持っていくパターンだな! と思いました。サビと、中野氏と五味兄が一緒に唄うところ、本当に心からため息が… うっとりした。中野氏のギターパートが大好きなんです 感動とかじゃなくて、もう 目がハートになる勢いでした
続いて人間ロボット! おお、やはり今日はそっち系なんですね! 心にがつんとくるような、何度聴いても激アツです この曲は

ちょっと喋ります、と アジカンに誘ってくれてありがとう、と、ツアーファイナルの話。内容は覚えてませんが、たいした内容では…(すみません)
コンピにも入ってる曲です。と曲紹介をして SURRENDER
コンピを買った人が多かったのか、この曲は結構ノリがよかったです お客さん全体がそれぞれ静かーに揺れる感じの…
次に手紙がきて、もう終わりか! と若干あせりましたが 今日の手紙はよかった…! 間奏後の「全部計算の‥」のシャウト、音質の問題もあってか 滑舌よく綺麗に胸に突き刺さってきて、いつもとはまた違うものが込み上げてくるような… 真っ白な照明に照らされたお兄ちゃんの顔はぐしゃぐしゃで もうわたしも顔ぐしゃぐしゃになりました
更にこれで終わりかと思いきや、兄が「あと1曲だけやって帰ります、今日は本当にどうもありがとうございました」と言って 2:50のイントロが。
ツアーファイナルの余韻を引きずりまくりなので この曲は個人的に聴くのを避けてたんですが… 最初の中野氏のアルペジオのあとの沈黙、から一気に音が重なる瞬間 その瞬間に涙が溢れてきました。 2:50、ファイナルで聴いた時とまた違いました もっともっと 上手くなってた 涙なしには聴けない1曲です

この日は こんななんばHatchという広い会場でlostageがライブしてるってだけで、お客さんとlostageを見ているだけで終始ずっとうるうるしっぱなしだったんですが、一番最後に皆で楽器を掲げて締めるところでステージの照明が全部明転して 客電も全部ついて、お客さん皆手を挙げて拍手して メンバーもそれを見てすごく嬉しそうで それを見て涙がぼろぼろ溢れてきて、拓人氏がファイナルで「次はもっと大きい会場で会いましょう」って言ってたのをふと思い出してしまって 涙が止まらなくなりました… かっこいい、やっぱり最高だよあんたら!

言葉では全然表しきれないんですが、なんばHatchという大きい会場でみれてよかった。
これからもっと大きいところでみてみたいなあ、とおもいました


01 SF
02 こどもたち
03 噂
04 人間ロボット
05 SURRENDER
06 手紙
07 2:50

//GREGORY AND THE HAWK
勝手にバンドだと思い込んでたんですが、意外にも女性のソロユニットでした アコギ一本で静かに弾き語り、小さい可愛い声でちょっとだけMC なんて可愛らしいんだ…
声がすごく魅力的で、結構スローな曲ばかりだったのでゆっくり楽しめました MCもほとんどなく立て続けに曲をやって帰っていったので、全部で20分くらい? 非常に短かった
よかったけど彼女をアジカンマダー?状態のなんばHatchに呼ぶのはやはり エゴフェスならではだなあと はい

//ASIAN KUNG-FU GENERATION
お客さんの一体感がすさまじかった、これが売れるっていうことかあと 最初は楽しかったけど後半萎えました 更にごっちの服にうんざり ディズニーキャラか!
知ってる曲やら知らん曲やらいろいろやってくれましたが、本編後半に知ってる曲立て続けにやってくれたので満足してアンコールも見ようとしたら 見事に全く知らん曲ばっかで萎えて外でました
NGSとかのせいっ! とかはっ! とかいう掛け声をお客さんが言っちゃうのはどうなの。曲によってノリ方や合いの手的なのが決まっててびっくりしました
まあ一回でも見れたのでよかったかしら ナノムゲンフェスの存在は絶対に認めんがな

| ◎LIVE | 01:12 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:12 | - | - | pookmark |