CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 6/12 lostage GO TOUR@心斎橋CLUB QUATTRO | main | 7/9 NANO-MUGEN FES.2009前夜祭@なんばHatch >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009 6/26 lostage GO TOUR@渋谷CLUB QUATTRO
090626_1808~010001.jpg
始まる前から胸がばくばくなってて、大変でした いつものSPEEDKINGのSEが、いつも以上に心臓に響いてた…
メンバーが出てきた途端、客席からすごい歓声、待ってました! と言わんばかり。

初っ端のサーカス、マラカスを振る兄ももうお馴染み。ただ音がぐあっと一気に重なった瞬間に、クアトロの音響はあまり好きではないことを思い出しました その中から微かに聴こえる中野氏のコーラスはたまりませんでしたが…
兄がマラカスを投げてベースを弾き始めたとき、ステージにゴミが投げ込まれて兄に当たった。そのあとも帽子が投げ込まれたり、2曲目で中野氏のギターのストラップがが外れたりと最初からハプニング(?)がいろいろありました、メンバーもどことなく緊張した面持ち。
ツアーで定着した冒頭の2曲に続き、人間ロボットとINSIDE/OUTSIDE。当たり前だけど、色が全然違うなあと思いました この2曲は、イントロが鳴ると同時に刺されるような感覚になります
岩城氏がリズムよくタムを叩き、路地裏! きたきた! この辺から会場が徐々に温まってきた気がしました

兄「こんばんは。奈良から来た、lostageと言います。今日は平日にも関わらず、こんなにたくさんの人に集まっていただいて…本当にありがとうございます。
このGO TOURはこれまで23箇所まわってきて、大阪と東京だけワンマンなんですけど… 大阪は2時間半くらい、めっちゃ長くやったんですけど、今日はそれよりもっと長くやります」
拓人「じゃあ、俺も話そうかな…(笑)
さっき、ステージ横からお客さんの様子見てたらなんかこう、好きなバンドを見に来てるっていうどきどき感とかが伝わってきて…俺もそんな感じのがあるからめっちゃ嬉しいです。サンキュー!(笑)」
兄「…時間あるんで、またあとで長めに喋ります(笑)」
拓人氏が「サンキュー」としきりに言っていて、兄はそれに「なんで英語やねん…(笑)」と突っ込んでました(笑)

岩城氏の跳ねるようなドラムに、両サイドから重なるようにギターの音 きました、SUNDAY! このツアーで3回聴くことが出来ましたが、ツアーが終わっちゃったらもうしばらく聴けないのかなあ、なんて思いながらしっかり聴いてきました 素晴らしい。お兄ちゃんは相変わらずにやにや(笑)
DAILYNEWSはまだまだライブでの聴き込みが浅いので、何回聴いても嬉しい。テンション上がる。サビのギターとリズムがすき!
五味兄と中野氏が楽器を交換してのあめんぼ 初日にはちょっと不格好だった兄のギター姿も、ツアーで何回かみてると慣れてきまして だんだんかっこよく思えてきました
後半、アウトロ部分で下向いてゆらゆらしてて ぱっと顔上げたら兄がピアニカを…! びっくり! 音源を完全に再現してましたね! ピアニカの音もしっかり聴こえて かっこよかったー
やはり何回聴いてもあめんぼの締める直前はDAILYNEWSに似てる、順番逆にしてあのままDAILYNEWSにいってほしかったなあー まあベースとギター逆だから無理なんだろうけど…
ひさしぶり(でもない)のドラマ・ロゴスでじーんときて、こどもたちで号泣 あの曲はやっぱり反則だあ… 中野氏の歌声と、岩城氏のライトシンバルがたまらない

兄「ありがとうございます。まだまだ続きますよ(笑)なのでトイレ行きたい人、今のうちに行っておいてください。…(中野氏に)トイレ大丈夫?」
中野「…大丈夫。なんで俺…?(笑)」

拓人「普通、ライブって開場したら開演ギリギリまで楽屋でにいると思うんですけど、今日は開場してから開演ギリギリまでステージの横にいて、ずっとうろうろしてました(笑)もう今もめっちゃ緊張して、めっちゃ手プルプル震えてます」
兄「いい緊張感やなあ」
中野「僕もめっちゃ緊張してて。さっきトイレに行ったら、便器に入らなくて… あの、小便が。便器に収まらなかった、めっちゃ緊張してます(笑)」
爆笑しました><
しばらくハンドマイクで喋っていた兄、「たまには、ドラムの岩城くんも…マイクがあればいつでも喋るらしいんで」と岩城氏にマイクを渡し、岩城氏が初MC!
岩城氏「今日は本当にどうもありがとうございます。みんな、緊張しすぎやろ。そこらへんうろうろして…」
岩城氏はあの淡々としたトーンで面白いことを言うから面白いんですよね。「やっぱり違うわ、大人やなあ!」と拓人氏(笑)

兄「今年3/25にアルバムを発売して、4月から始まったGOツアー、今思えば長かったような短かったような…
今日も知り合いのバンドや来れない人から励ましのメールとか、おくりものをいっぱい頂いて、本当にいろんな人に支えていただいて本当にありがとうございます。」
今日も入ってるけど、途中一緒にやったKYTツアーではカメラがまわってて、ライブとかお客さんの様子をおさめたライブDVDが年内には出るらしい、と。
しかし広島のライブ前に楽屋で中野氏と五味兄が大喧嘩して、それが楽屋の机の上に置かれていたカメラでこっそり撮られていたらしい(笑)
中野「俺Tシャツびろびろで…(笑)」
拓人「そう、(兄が)中野っちの胸倉掴んで「お前!」みたいにやって、もう中野っちTシャツの首元びろびろで(笑)」
中野「そのままライブやったけどな(笑)」
兄「俺めっちゃ機材蹴ったりしてたし、最悪やわ…(笑)」
拓人「んでライブ終わって、4人で話し合いしたときにこいつ(兄)が「…まあ…、頑張ろやあ…!」って言って終わったんですけど、その様子も撮られてて(笑)
でもまあ、バンドっていうのは何かひとつのものを作る上でそういう喧嘩をしたりとかぶつかったりすることも必要や思うし」
兄「うん、バンドだけじゃなくて日常でも喧嘩したり、ぶつかったりすることもあるんやけど、でもその時どうするかってのが一番大事やと思うし…
皆さんも、めげずに頑張ってください」
拓人「いや、皆めげてないやろ(笑)お前だけやって、皆そんな弱くない」
兄「ああ、そうか…じゃああの、めげたら、もしめげたら、めげずに頑張ってください(笑)
DVD、発売された際には皆さん是非…まあ僕は絶対に見ませんけどね。」

中野氏もしきりに「あれあかんわあ、恥ずかしいわあ」と言っていました。めっちゃみたい、カットされてないといいなあ(笑)

この日のSURRENDERはやばかった…すごくよかったです。なんかMCのときに、わたしlostageの演奏だけじゃなくて人間性も大好きなんだなあ、と改めて思って。そう感じた直後のSURRENDER、そして母乳の流れは言わずもがな号泣で…
もし本当に母乳のコーラスを中野氏がやったら、わたしは死ぬと思う。本気で。冗談抜きで。
Xは今までみたなかで岩城氏がキレてた! サビの兄のシャウトの抜けもよく、最高でした 続いてきた壁はイントロの音外してましたが、よかったー 拓人氏の引き裂くようなギター大好き! 拓人氏のギターがかっこよかった!

ここで、今回のツアーでトイズと契約が切れるという話。
兄「今まで3枚音源を出して、本当にお世話になりました。これでインディーズに戻って、これから先はまだ何もわからんけど、別にインディーズとかメジャーとか関係ないと思ってるし。東京でもこれから結構ライブが決まってます 今日もフライヤー入ってると思うけど…」
拓人「これからどうなるかはわからないけど、でも僕らは絶対に、ずっとlostageを続けていきます。だからみんな、サンキュー!(笑)」
「それじゃあやりますか… 日常を織り成す、ROUTINEという曲」と兄。

この流れでのROUTINE→風を抱いている、普通にみれるわけないじゃないですか。
「触れよ 触れよ 細い目で見る
 壊れてしまうよ 傍にいよう
 笑わせてあげるよ それだけ
 壊れてしまうよ 傍にいるよ」
という歌詞にのる、中野氏のコーラス 嗚咽がとまりませんでした、こんなにいい歌だったっけなあ…

続いてきた点と線で、一気に口角が上がりました もう大好き、ライブ曲ですなあ
ライブ版アレンジでの中野氏のギターソロ大好きなのに、こないだの大阪からカットされてて寂しいっす
手紙がくると、もう終わりなんだなあ、と悲しくなります 心臓にがつんときて、涙でも吐き気でも嗚咽でもないものがぐあっと込み上げきて、気持ちがいっぱいいっぱいになる。感無量、というのか 今日の手紙はそんなでした。
ラストの2:50、すごくよかった。ツアー初日とは全然違う何かが、ひしひしと伝わってきました 言い出したらきりがないけど、いい歌だ。本当に。

アンコールでは先に拓人氏と岩城氏が登場 拓人氏がサンキュー! と言うと、岩城氏が兄のマイクに向かってありがとうございます。と一言 拓人氏が喋ってる間も、前でしばらく話を聞いてました、珍しいー
そしていわきでお客さんにもらったという、lostageのCDジャケットやトマトがプリントされたチロルを客席に投げてました。

ATS&S→REDで、客席が一気にヒートアップ。盛り上がってたなあ。
この2曲を聴いて、もう1年かあ、とすこし前のことを思い出したりしていました。みているのは同じバンドなのに、1年前とは全然違う。わたしの見方や感じ方もだけど、一番変わったのはlostage自身だと思います 本当に成長したなあ… その変化を感じることができて、わたしは幸せでした。
REDのアウトロ部分で、兄が自身のマイクスタンドをガンッ! と蹴り倒し ここで客席の盛り上がりが最高潮に。
次のMINDJIVE、すごかったー いきなり後ろからぐわっと押されて、兄がベースを下ろし客席の柵で熱唱すると 真ん中辺りのお兄さん達が暴れに暴れて皆で跳んで拳を上げて大合唱。あまりにもすごい盛り上がりに、兄が客席にダイブ! 一度はステージに戻りましたが、しばらくしてもう一度ダイブ! 爆笑でした。最後は客席に埋もれ、どこで唄ってるのかわからない状態だった…

ダブルアンコールは、CATWALKでGO全曲制覇して 下がった体温で締め! 締め方がいつもより長めで、すごくすっきりする、キレのいい終わり方でした。

ここで終わりかと思いきや、客席からまさかのアンコールが起こり、トリプルアンコール。
中野氏「どうもありがとうございます。あと1曲だけやります」
やった!

兄「全然あの、やる曲考えてなくて…これがほんまのアンコールやな(笑)
僕らはトイズファクトリーって会社からメジャーデビューして、今日も会社の人とか来てると思うけど…契約書っていう紙切れにサインして…もうそれも終わるんですけど。でもこうやってツアーを回れるのも会社のみなさんのおかげやと思うし、CD買って来てくれた方も、本当にありがとうございます。今日のクアトロ、今回のツアーで過去の動員数を破りました。
あのー…僕らはバンドをやっていて、どうしたらいいライブを出来るかをいつも考えてるんですけど…きっとそれは、いいお客さんがつくるもんやねんなあって、今日改めて思いました。本当にありがとうございます。
それでは、DRAMAっていうアルバムの一番最後の曲を」
と言って、ひさしぶりの海の果実。

最初からもういろんな感情が入り混じって涙が止まらなくて、ステージがちゃんと見れなくて でも最後だから、と顔を上げたら お兄ちゃんが泣いていた…
最初は汗だと思ってて、でも何度かマイクから顔をそらして唄うのを止める時が何回かあって、よく見てみたら それは確かに目から流れる涙でした。もう何もわかんなくなって、ただただもらい泣きした。

最後はけていくとき、拓人氏が中野氏に駆け寄り、背中に顔を擦り付け ぎゅっと後ろから抱きついていました。それに照れながらも嬉しそうに中野氏の笑顔、最初にさっさとはけて行ったけど笑っていた岩城氏、最後の最後に深々とお辞儀をして手を振ってくれたお兄ちゃんの表情、わたしはずっと忘れません。

わたしはlostageが大好きです
出会えてよかった、本当にありがとう。
あんたらすごいよ。


01 サーカス
02 SF
03 人間ロボット
04 INSIDE/OUTSIDE
05 路地裏
06 SUNDAY
07 噂
08 DAILY NEWS
09 あめんぼ
10 ドラマ・ロゴス
11 こどもたち
12 SURRENDER
13 母乳
14 X
15 壁
16 ROUTINE
17 風を抱いている
18 点と線
19 手紙
20 2:50

EC.01
01 ATS&S
02 RED
03 MIND JIVE

EC.02
01 CAT WALK
02 下がった体温

EC.03
01 海の果実

| ◎LIVE | 03:22 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 03:22 | - | - | pookmark |